卵・乳成分なし、ハンバーグトマトソース(給食風)

画像

先日、給食ででていたハンバーグトマトソースの
卵・乳成分なしバージョンを作ってみました♪

12日の
給食メニュー
給食の仕様コチャ対応
バンズパン乳成分を含む代替品を持参
ハンバーグトマトソースハンバーグは乳成分を含む
トマトソースはOK
ハンバーグの代替品を持参
トマトソースはみんなと同じ
野菜のスープ煮卵・乳不使用みんなと同じ
牛乳牛乳学校から麦茶提供
スライスチーズ乳成分を含む代替品が思いつかなかったので、コチャと相談の上、なし

と、いうわけで・・・

この日は、「バンズパン」と「ハンバーグ」の代替品を持参する日でした。
画像

ちなみに、容器はボルダーシリーズのスープインランチマルチコンテナです。
「シリコン付き密封容器なので、スープでも汁気が多い食べ物でも安心!」
という商品です。

汁気の多い代替品を持参することもあるかも…と思って、入学前に買いました。
幸い、そのような代替品を持参する必要はなさそうですが、
パンやハンバーグを入れるのにも、ちょうどよいサイズです。

「バンズパン」は、ハンバーガーのようにして食べるために横が
切れているパンです。

学校でだされるパンには、マーガリンや脱脂粉乳などの乳製品が
含まれているため、コチャはNGです。
そのためパンの日には、代替品を持参することになっています。

ちなみに横浜では、週5日のうち、ご飯3日+パン2日が基本となっています。

バンズパンの代替品としては、パルシステムの小麦のぉと「まるパン」の横を切って、持参しました。
卵・乳製品不使用のパンです。


原材料名:小麦粉、ラード、砂糖、食塩、イースト、モルトエキス
画像

横浜市では、ハンバーグは、給食室で手作りするのではなく、
どこか(?)で統一規格によって作られた出来あいのものが
各給食室やセンターへ納品されることになっています。

ひとつ前の記事にアレルギー対応状況を整理しましたが、コチャの小学校では
給食室で一から手作りするものであれば、除去食提供が可能なんですが
こういう形の「統一ハンバーグ」は、給食室ではどうすることもできません。
なので、家庭から代替品を持参することになっています。

こういう出来あいのものについて、食べられるか否かを判断するために、
学校から、献立表と別に、アレルギー情報を紙でもらえます。

横浜市学校給食会のサイトで詳しい原材料情報を調べることもできます。
(学校のブロックも確認できます)

4月12日給食のハンバーグの原材料名:
牛肉、玉ねぎ、豚肉、馬鈴薯澱粉、小麦粉、糖類、油脂(パーム、やし、菜種、大豆、)、イースト、食塩、脱脂粉乳、PH調整剤、乳化剤、増粘剤(海藻)、品質改良剤(小麦、とうもろこし)、粉末状植物性たん白(大豆)、香辛料(黒胡椒、ナツメグ)

つまり乳成分が含まれるので、「コチャNG」と判断できます。

給食のハンバーグの原材料を参考にしながら、家庭にあるもの、
コチャが食べられるもので、作ってみました。

4月12日コチャ用ハンバーグの原材料名:
牛豚合びき肉、たまねぎ、片栗粉、米粉、砂糖、オリーブオイル、塩、乾燥おから
(上記給食の原材料名と同じ順で、置き換えた順に書きました、量は順不同)

※卵・乳成分を含まないレシピです。

<卵・乳成分なし、ハンバーグ(給食風)のレシピ>
材料:
牛豚合びき肉 … 200g
たまねぎ … 1/2個、みじん切り
オリーブオイル … 少々
片栗粉 … 大さじ1
乾燥おから … 大さじ1
塩 … 小さじ1
米粉 … 少々
砂糖 … 少々
line
作り方:
[1] たまねぎ、オリーブオイルを耐熱容器に入れ、レンジで2~3分加熱する
[2] [1]と材料全部を合わせてよくこねる
[3] 丸く成型して、両面を焼き、フタをして弱火で約5分蒸し焼きにする

↓できあがり!
画像

ハンバーグは、バンズパンに合わせたサイズで丸く成型しました。

柔らかくて、なかなかおいしいハンバーグが作れました。
給食の「ハンバーグ」は、今後も何回か登場してきそうなので、
このレシピで代替品を作っていこうと思います。

「ハンバーグトマトソース」のトマトソースの原材料はコチャOKだったので、
学校では、持参したコチャ用ハンバーグにかけて、提供してもらいましたが、
献立の原材料情報を見ていると、家でも作れそうな感じだったので、
試しに、真似して作ってみました。

給食献立では、トマトソースの一人分の目安量(中学年)は、
「トマト缶10g、たまねぎ8g、エリンギ4g、米サラダ油0.1g、トマトケチャップ6g、
 ウスターソース2g、水1g」
となってたので、それを参考にして作りました。量は適当にしましたが、、、

※卵・乳成分を含まないレシピです。

<卵・乳成分なし、ハンバーグトマトソース(給食風)のレシピ>
材料:
トマト缶 … 230g入り(固形量120g)
たまねぎ … 1/2個、薄くスライス
エリンギ … 2本、小さめに切っておく
ケチャップ … 大さじ2
ソース … 大さじ1
line
作り方:
[1] トマト缶、たまねぎ、エリンギを入れて、煮る
[2] 柔かくなってきたら、ケチャップ、ソース、ハンバーグを加え、少し煮込む

↓ハンバーグトマトソース(給食風)のできあがり!
画像

今週は、不慣れな1年生のために、給食ボランティアとして、
数名のお母さんがお手伝いに入りました。
私は、この日に行ってきて、配膳準備の手伝いをしつつ、色々観察してきました。

給食ででていたトマトソースは、もうちょっと茶色っぽかったかなぁ。。。
コチャに味の感想を聞いてみたら、「う~ん、給食のと似てるけど、
お母さんが作ったのはトマトの味がするね」と。

コーミのカットトマト缶(岐阜県産トマト使用)を使ったからかな~?
「生食用トマトを湯むきして果肉をカットし、果汁と一緒に缶詰にした」という
商品で、生のトマトに近いフレッシュ感がある缶詰です。

まぁちょっと違うかもしれないけど、これはこれで美味しかったので♪
給食を参考に、新たなレパートリーができました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント