お餅の野菜たっぷりあんかけ

<今日の夕食メニュー>
- サバの味噌煮
- お餅の野菜たっぷりあんかけ
- 山うにとうふ
- わかめととろろ昆布のお吸い物

画像

真ん中の黄色っぽいのは、五木屋本舗の「山うにとうふ」。
九州の実家から送られてきたものです。
熊本・五木村に伝わる伝統保存食品、豆腐のみそ漬けです。
その起源は、壇ノ浦の戦いで敗れたあと、熊本の山中へ逃げ、
生き延びた平家落人が作って食べていた保存食にあるのだとか。

原材料:豆腐(大豆(九州産大豆100%)、粗製海水塩化マグネシウム(にがり)、もろみみそ(大麦、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、大豆、食塩、小麦、しょうゆ、酒精、調味料(アミノ酸)、紅麹色素、甘味料(甘草))画像

名前は、山うにとうふですが、うにというより、クリームチーズに近い
食感です。
みそ味のクリームチーズという感じ。

コチャも欲しがるので、少しだけあげました。
コチャは味噌好きなので、やはり気に入ったようで
「おいしい!」と言いながら、食べてました。

お餅の野菜たっぷりあんかけは、お正月に余って冷凍保存していた
お餅を使って作りました。

野菜は、にんじん、なめこ、しいたけ、小松菜を使いましたが
冷蔵庫にあるもの、なんでもOK!です。

この野菜たっぷりあんは、湯豆腐にかけたりしても美味しいです♪

(参考:あんかけ湯豆腐の献立の記事→「スズキのロースト、トマトソースがけ」)

※卵・乳成分を含まないレシピです。
我が家の醤油は、原材料として大豆・小麦を含みます。
我が家のみりんは、原材料として米を含みます。
※我が家の酒は、原材料として米を含みます。

<お餅の野菜たっぷりあんかけの材料と作り方>
材料:
餅 … 1個×人数分
野菜 … にんじん、なめこ、しいたけ、小松菜、小さめに切っておく
だし汁 … 200ml
酒 … 大さじ1
みりん … 大さじ1
醤油 … 大さじ1
塩 … 少々
水溶き片栗粉 … 片栗粉(大さじ1/2)+水(大さじ1)
line
作り方:
[1] だし汁に、野菜を加え柔らかくなるまで煮る
[2] 酒、みりん、醤油、塩を加え、ひと煮する
[3] 水溶き片栗粉を加えて混ぜ、とろみをつける
[4] 餅を焼く
[5] [4]に[3]をかける

↓できあがり!
画像

大人用には、白髪ねぎとおろし生姜を添えました。

今回は、焼いたお餅にあんをかけましたが、茹でたお餅でもOK!

冷凍保存していたお餅を焼く時は、しばらく水につけておいた後、
キッチンペーパーで水気をよく拭いてから焼くと、うまく焼けました。

余ったお餅を使って、野菜もたくさん食べられる副菜一品になりました♪

この記事へのコメント

オープンエアー
2009年01月14日 22:51
「山うにとうふ」ですか・・・。いやぁ~これは一度食べてみたいです。九州にしか無いんですか??野菜のあんかけも美味しそうですね。お正月のお餅が余ると、意外といろんな料理に使えますよね。因みに僕は麻婆豆腐に入れて食べてますよ♪ちょっと辛めにして。・・・今年もどんな料理が出てくるのか、期待してます(^^)
ケンぽんママ
2009年01月15日 14:54
「山うにとうふ」 私も食べたい!
乳製品(特にチーズ)は私の大好物なのですが、
ケンぽんの除去食が始まってからは禁断の食べ物。
色々調べて、豆腐を燻製にするとチーズのような
味がすると聞き、
わざわざスモーカーを購入して、
キャンプ場で作ってみましたが失敗
あ~クリームチーズのようなんて、
魅惑的な食べものだわ。日本の食文化は深い
野菜あんかけもおいしそう♪
ケンぽん、まだもち米は未解除なので、
いももち(北海道の郷土料理かな?)の上に
かけると栄養満点!と思ってました。
オープンエアーさんご無沙汰です。
マーボ餅、パパに言ったら「ほーっ」と
感心していました。
2009年01月15日 20:32
オープンエアーさん、コメントありがとうございます。
山うにとうふは、ご飯のお供にはもちろん、お酒のおつまみとしてもいいと思いますよ♪記事の1行目のところにメーカーサイトへのリンクを貼りました。通販もあるみたいです。
麻婆豆腐にお餅!初めて聞きましたが、合いそうですね。余ったお餅も使いようですね。
今年もコツコツと続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします!
2009年01月15日 21:00
ケンぽんママさん、コメントありがとうございます。
記事の1行目のところに、メーカーサイトへのリンクを貼りました。ご参考まで♪「燻製豆腐」や「豆腐ちーず」といった商品もあるみたいです。山うにとうふもそうですが、豆腐の変身ぶりに驚きですね。
いももち、以前、よくコチャに作ってあげてましたよ!北海道の料理ですよね。本場のものは食べたことないので、ちょっと違ってたかもしれないけれど、、、もち米は米の中でも抗限度が高いほうなので、コチャも解禁にしたのは3~4歳頃のことでした。